ぶうこの気持ち >> ぶうこ覚書 - 20車嫌い
ログイン
ユーザID または e-mail:

パスワード:

IDとパスワードを記憶

パスワード紛失

新規登録
ぶうこ覚書メニュー
1 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが ぶうこ覚書 を参照しています。)
 
20車嫌い

ぶうこ覚書

ぶうこのできごとを、コラムでつづります

20車嫌い

いいこで乗ります 2002年3月、初めて会った日。動物管理センターから車に乗って、ぶうこは我が家に来ました。車のドアを開けて促すと、ピョンと飛び乗り、助手席の足元奥深くに、はまり込みました。

車うれしいな〜 以来、ぶうこは自分から車に乗る「車好きな犬」として、 車であちこち出かけました。

あたし乗らない ところが、2003年3月、公園に行った時です。雨が降ってきたので帰ろうとすると、足を踏ん張って乗車拒否しました。
おやつを見せて誘導し、なんとか乗せて帰りました。そのときは、 「もっと、公園で遊びたかったんだな」と思いました。

車いやだ、いやだ。 数日後、またもや乗車拒否。そのうち、自宅でも乗車拒否するようになりました。ウキウキ足取り軽く玄関を出たのに、車の前に行くと、くるりとUターンするのです。

しかたがないので、ぶうこを軒下につないだまま、一端、私達だけが車に乗って近所を一回り。戻ってから、近寄って来たぶうこを乗せたりもしました。「乗らないと、ひとりで留守番だよ。それでも、いいの?」と 説得して、なんとか乗せても、車内のぶうこは、見るも無残な様子でした。

ここから逃げたい 「はぁはぁはぁはぁ」、口は開けっぱなし、目は見開き、耳はとんがり、聞く耳持たず。ブルブルブルブル体の震えが止まりません。そして、我慢の限界に達すると、 後部座席で立ち上がり、車内を動き回るのです。どうやら、脱出する場所を探しているようでした。

そのうちに、後部座席から前へやってきて、フロントガラスから脱出しようとします。 そうはさせじと、ぶうこの体を羽交い絞めにすると、今度は、運転手の足元へ。 運転をやめさせようという作戦なのか?抱っこしようにも、もがき暴れて、収集がつきません。まるで、車内でおぼれている犬です。

前後不覚 当時のジンクスは、「雨のドライブは、ぶうこが暴れる」。路面の水を対向車が跳ね上げて、驚いたぶうこが運転席に抱きついてきたこともありました。 タイヤが水をはじく、シャーという音をたてないように、 水たまりを避けたり、ゆっくり走行したりしました。

降っている日は、ぶうこを車に乗せなければいいのですが、 冬の新潟は、晴れる日はめったにありません。 毎日、雨、みぞれ、雪。何かしら降っています。
そのうち、ぶうこは晴れた日も車を嫌がるようになりました。
2003年12月のビデオ「車嫌いになりました」は、そのころの様子です。

あーあ その少し前から、安全面を考えて、車内でクレートを使い始めていました。(正確には、車に積んだだけ)おやつで誘導して、ぶうこを入れ、初めて扉を閉め、ぶうこの懇願を無視して1時間以上ドライブ。慣れるどころか大嫌いになりました。 →2002年5月車の定位置参照
以来、ぶうこが入らないクレートは家の中に移動しました。

なかなか、いいわ 2004年、家の中に置いたクレートに、ぶうこが入っていました。雷が鳴ったときも、入っていました。これは、もしかしたら・・・と思い、5月、クレートを車内へ置いてみました。 扉は、取り外して。ぶうこ入りました。 入ったり出たりしていましたが、 雨の日、はぁはぁという声が、クレートの中から聞こえました。 ドライブ中に、「はぁはぁ」が聞こえると、散歩の場所を探す合図になりました。限界に達すると出て来ました。

耐えてるのよ 2004年10月、中越地震がありました。 避難所の駐車場で、ぶうこと車中泊。
余震で、家の外に出ると、ぶうこは車に入りたがりました。ひとりで車に避難することもありました。
そして、2004年12月。車で 関西に行きました。行きも滞在中もお天気に恵まれ、地震も忘れ、充実した4日間でした。あとは、帰り道のお天気だけ。 このまま降らずにいてくれたら・・・・・・ 大阪を発ち、京都にさしかかかると、ポツポツ・・・。

限界が近いかも 北陸自動車道で福井県に入ると、天気予報通りに、大雨になってしまいました。土砂降りです。
雨もすごければ、ぶうこもすごい。 そのときの運転手は私。正直ほっとしました。
(助手席でぶうこを抑えるのは、土砂降りの運転より大変です)

お腹はすくの 次のSAにたどり着くと、真っ暗な中を散歩して、夕ご飯。 食べたら吐くのでは、と心配しましたが、車を降りると、ぶうこは正気を取り戻しました。 水皿にレメディをたらし、ドッグフードにヒルトンハーブのソリューションを注ぎました。神戸のサリママさんからのお土産です。藁にもすがる思いでした。ぶうこは、ゴクゴク飲んで、バクバク食べました。

くたびれたー 嫌がるぶうこを、再び車に乗せ、いざ家路へ。のつもりが、雨はさらに激しく降り続きます。 開き直って、ノートパソコンを開き、車内で「今日のぶうこ」を書くことにしました。しかし、普段ノートパソコンを使わないので、思うように進みません。おまけに携帯の電波状態も悪くて、upがなかなかできません。結局、1時間以上かかりました。予定では新潟に着く時間。雨も弱くなり、ぶうこも寝ています。今度こそ出発。4時間遅れで家に着きました。途中、後部座席の気配に、ドキドキしましたが、ぶうこは暴れませんでした。

以来、ぶうこは、少しずつ変わってきました。それは、「車で公園→友達わんこ→一緒におやつ」という楽しみを見つけたせいかもしれません。今では、私がお出かけ用のバッグを持って出ると、ぶうこは、先に立って車へ向かいます。 先日の、わんこ合宿も雨降りでした。「もしものときは、ぶうこを羽交い絞めにしてね。」と、助手席のろばぴょんさんにお願いしましたが、ぶうこは暴れませんでした。そういえば、ぶうこは何していたのでしょう。私は、激しい雨で前が見えず、必死に運転してました。後部座席を見る余裕ありませんでした。

車で寝たいの! 2006年、新しいクレートを得て、自他ともに認める「車好き」です。今や下車拒否もします。

(2006年7月)

プリンタ用画面
前
19HPコンテスト
カテゴリートップ
ぶうこ覚書
次
21下車拒否
 
トップページ ぶうこ覚書 ぶうこな日々 ビデオ館 ぶうこライブ! OFF LINE